本文へスキップ

有限会社 内田設計/内田土地家屋調査士事務所

〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台1-1-36TEL:048-461-4507/FAX:048-466-8622

info@uchida-archi.co.jp   

建築可能範囲のボリュームチェック


敷地調査の結果を踏まえ、CADによるボリュームチェックを行います。 





 CAD(設計ツール)を使って、建築可能な範囲を図示化します。

 下記の条件に基づきボリュームチェックを行なうと、次のような形状が現れます。
 このチェックにより、プランニングを安全に進めることが出来ます。




 ●建築条件(例)
・第1種低層住居専用地域
・建ぺい率|60%(角地緩和70%)
・容積率 |100%
・高さ制限|10.00m
・木造2階建
・軒の出450mm
・駐車スペース(空地)
・二方向道路、角地


※水色で塗られている範囲が、建物の最大ボリューム。
  外殻の線は道路斜線、北側斜線制限を可視した線となります。